ぺガサスの森

アクセスカウンタ

zoom RSS あれから5年〜

<<   作成日時 : 2016/03/11 15:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

 今朝、官邸からLINEで

こんにちわ。安倍普三です
本日 午後2時30分から「東日本大震災五周年追悼式」を執り行います

本日午後2時46分から1分間黙祷を捧げご冥福お祈りするといたします。

 省略

あの日のことがつい先日のように思い出しました。

まず家族のことが心配

夜になり子供たちも無事なことがわかりどれだけ安堵したことか。

一番だいじなことは命ですよね

生きて帰ることができなかった人が多く折られたことに今も心が痛みます。

そして、今なお不便な暮らしをされていて心も不安を抱えている人たちも多く折られます。

 私は命が守れるんであれば高い堤防も必要だと思います。

 同じところに住みたいと思われる気持ちがよくわかります、

 放射能の問題は人災です。

 農業や蓄農ができなくなった商売ができなくなった

 復興はとても困難なところもあります


 みんな力を合わせて

 心を一つになり

 前に進んで欲しいです


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
うちは、夫の親戚の安否が三日間わからず、とても心配したことを思い出します。
海の近くだし、ニュースの画面に、親戚の家の辺りが津波に巻き込まれているのを知り、あちこちに電話しまくって、やっと三日目にたまたま全員で外出していて、無事だったことが判り、家は流されたもののホッとしました。
今も津波のニュースをテレビに釘付けで見ています。
我が家も海に近いので、他人事とは思えません。
ライフジャケットを用意しようと話しています。
長い距離を走って逃げるのは無理な年齢ですので、ライフジャケット着用で、万が一水に飲みこまれても、浮いていられるかもって。
生きているうちにこんな災害に出会わないことが一番ですが・・・。
あっこ
2016/03/11 20:57
あっこさん〜こんにちわ

ご親戚のことがさぞ心配でしたでしょうね。
家が流されてしまったのはとても辛い事でしたね。
そして、心にもダメージをあわれていると思います。
災害があってもなんとしても命だけはたすかりたいものですね。
ライフジャケットも準備されることは大切なことだと思います。
水は怖いですね
ロ〜ズ
2016/03/12 17:27
こんにちは(^^)
大震災からもう5年、まだ5年ですね。
ここのところ震災の特番を観てますが
まだまだ復興はこれからのようです。
5年で震災の記憶も薄れはじめて
世の中は経済一辺倒のように見えます。
忘れないようにしたいです、
次は関東とも言われていますし。
発電については、自然エネルギーだけで
すでに日本を賄える技術はあるそうです。
あとはやるか、やらないかなのですが
現政権ではやらないようですね(^^;)
まやま@房総
2016/03/13 12:04
まやまさん〜こんばんわ

復興はまだまだ時間がかかるようですね。
被災者の方々の生活がとても心配です
政治と力をかりないとどうにも先に進まないですよね。
自然エネルギーがどんどん普及してほしいですね(*_*;
ロ〜ズ
2016/03/13 22:22
震災は怖いですね。
しばらくはその怖さも頭の中に残っていて災害対策も公私ともにやっていると思うのですが、年月が流れるとついつい・・・と言う気持ちになりますね。 
それぞれが最低限の対策を怠ることなくしなければいけないですね。 
自分たちの事もさることながら、もし大きな災害に遭遇したら独居生活をしている年寄り二人をどうしようかと少し前までは不安でした。
が、現在は二人とも(姑と実母)ケアハウスに入ってくれたので、それだけでも安心です。
私達の方もそろそろ体調面でも怪しくなってくる年齢ですものね。
主人も私も足腰が弱くなりました(^_^;)
災害が起きた時にうまく非難できるかしらと、有る程度親の心配が無くなったら今度は自分たちの心配です・・・
大きな災害が起きないようにと祈るばかりです。
JUNKO
2016/03/25 12:07
JUNKOさん〜こんばんわ
お返事が遅くなりごめんなさい。
丁度震災の時、介護していた義母が体調を崩しました。
119番通報しましたら運良く救急車が来てくれ病院に入院することが出来ましたがあのとき、救急車が間に合わなかったり、お医者さんもこれなかったりとかなり病院内もパ二ックになっていました。
あのときは運が良かったとしか言えませんでした。
自分たちだけでは限界がありますのでケアハウスに見ていただけて安心ですね。とても疲れたでしょ〜少しゆっくりお体を休めてくださいね。それでも年寄りは病気をしたり何かと手続きやら用事は沢山ありますものね。
ロ〜ズ
2016/03/29 22:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
あれから5年〜 ぺガサスの森/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる